小学校の授業から 教育

お弁当か給食かーその2

お弁当か給食か?
先日の続きです。

私の意見は、ズバリ「お弁当」です。

きっとこの意見を出したら勝てたかもしれません。
お弁当には、お母さんの愛情がたっぷり入っています。
当然給食も作ってくださる方々の愛情たっぷりですけど、
愛情の質が違います。

食べたいものしか入れないとか、
手抜きお弁当だったりしますが、
それでもお母さんの手が少しでも入っていたら、
それは子供にとって、物凄いパワーの出るお弁当になるのです。

娘たちは、小4から塾でお弁当を食べています。
長女は、現在も毎日お弁当を持っていきます。
私もお弁当歴5年目、
流石に段取り良く作ることが出来るようになりました。
お菓子でもそうですが、
お母さんパワーって、案外凄いですよ!

以前ヒーリングをした時に、アーモンドボールを作って出したことがありますが、
その後しばらくエネルギーが充満していたと聞いています。
お米もね、丁寧に研いで大事に炊くと、
とても美味しいご飯が炊きあがります。

子供たちは、お母さんの力に支えられて育っていきます。
今は、教育より愛情かな・・・
愛情が満たされると、自然と学習も伸びます。
小学校教育については、またの機会に・・・

-小学校の授業から, 教育
-, , , ,