ピアノのあれこれ

才能の玉手箱、いつ開く?

真夏日の東京です。
ワンコたちもダラダラです。

うちの娘たちは、駆け引きが出来ません。
自分の思う通りにしか動きません。
自分が必要だと思うことにしか動きません。
受験生だろうが、定期試験まえだろうが、あまり変わりません。

最近、子どもたちのやる気って一体何?と考えることが多い。

ピアノを教えていても、
「この子たちは、本当にピアノが好きなわけではない。じゃあ、ここに何しに来ているのだろうか?」と思う。

親に習えと言われたから来ているのだろうか?
ピアノのイスに座らせることすら大変だ。
それでも毎回楽しそうにやってきて、楽しそうに帰って行く。

私自身、他人を叱ることに意味を感じない。
それは、自分の娘でも同じ。
人は、自分に必要な事しかしないから。

ピアノが楽しいと感じる事、
弾けて嬉しいと感じる事、
嬉しいと、もっともっと先へ進みたくなるのが心理だけど、どのタイミングでそこに繋がるのかをつかむことが大事。

焦ってもダメだし、
ひたすらガチで向き合って行く。
諦めずに。
どんな子でも才能の宝箱を持っていて、
一体いつ開くか?
毎回、ワクワクしながら見守っています。

今日の一枚(ウィンダムオラクルカード)
Co-create  創造性、インスピレーション、達成

優れたひらめきが大きな成功をもたらします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です